数珠や墓石は葬儀の上で大切な存在

カテゴリ

ニューエントリー

葬儀の概要

葬儀とは、人が亡くなった時に営まれる仏事儀式のことであり、身内や親族、友人や知人に見送られるのが一般的である。
さまざまなスタイルがあるが、葬祭場において行われる一般葬が最も多く、僧侶や牧師が立ち会うなど宗教的な要素が強い。また、身内や親族だけが見送る家族葬への関心も高まっており、会葬者が少ないので喪主の雑務を軽減できるというメリットがある。
ほかにも、海や山に遺灰を撒く自然葬や、火葬のみを行う直葬がある。
残された身内に負担をかけないように、生前からどのような葬儀にすべきか心づもりをしておくことは大切である。

方式

farewell葬儀は宗教観や地域によりさまざまな方式があり、どのような方法で行われるかは故人の意向や家族によって自由に決めることができる。
葬祭費用は会社により異なるが、パックプランなどが設けられているほか、生前相談などを行っているところも多く、事前にどの程度の費用がかかるかを確認することもできる。生前相談を行うことにより、どのような葬式をしたいかを考えるきっかけにもなり、家族と話をする貴重な機会を設けることもできる。

葬儀参列の注意点

funeral葬儀参列には、故人をしのび、遺族の心情に配慮した行動をとることに注意を払う必要がある。
喪服を着用し、葬儀開始時間の15分前には、受付でお悔やみの言葉を言い、ふくさから取り出し受付を終わらせておく。また、数珠も忘れず携帯する。
喪主や遺族に近づいたり呼び止め話しかけることや、死因を尋ねたりすることはマナー違反である上に、遺族の心情を考えない無神経な行為である。
また、知人などと世間話をすることも避け、静かに個人の冥福を祈ることが大切である。


関連リンク

葬儀を神奈川で行うならこちら|農協葬祭センター
世田谷で心のこもった葬儀はこちらで|永世祭典

おすすめ情報

gravestone

墓石の歴史

墓石とは、墓標としての役割を持つ石材を指す。石を墓標に用いる考え方は、…

数珠の概要

juzu

数珠とは法具の一種で、主に葬儀などの仏事に礼拝する…